So-net無料ブログ作成
検索選択

赤い鳥 [古書籍]

2008-12-28-2.jpg
鈴木三重吉の全集より、『赤い鳥』です。大正4年に春陽堂より発行されました。
本体背文字を夏目漱石が、装丁を津田青楓が手がけています。
写真の『赤い鳥』は、自分の娘のために書いた物語だと言われています。雑誌の『赤い鳥』とは、また別です。

鈴木三重吉が、真に子どものための童謡・童話を世に広めようと雑誌『赤い鳥』を創刊したのが大正7年。政府役人のお仕着せではない、子どもの知性を刺激し感性を豊かにする童謡・童話を、という思想のもとでの活動でした。
子どもには良質の文学に幼少の頃から親しんで欲しい、という願いはすべての良識ある大人の願いでもあります。実際賛同者も多く、芥川龍之介、有島武郎、泉鏡花、北原白秋、高浜虚子、徳田秋声、菊池寛、西條八十、谷崎潤一郎、三木露風など錚々たるメンバーが『赤い鳥』に寄稿し、数多くの名作童話・童謡が誕生しました。

三重吉自身は、この全集を出版した頃から自身の小説の才能に限界を感じていたらしく、雑誌創刊後は『赤い鳥』の編集活動に専心していくことになります。
日本の児童文学の幕開けとも言える「赤い鳥運動」は、この一冊から始まったとも言えそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。