So-net無料ブログ作成

竹久夢二画集 『春の夜の夢』  [書籍一般]

2008-01-07-1.jpg
竹久夢二の画集『春の夜の夢』、昭和43年、龍星閣より出版されました。
二重函の立派な本で、見返しの用紙などにもこだわりが感じられます。ただ、立派すぎて普段から眺めるにはちと向きません。コレクターズ・アイテムといった風情です。

編者は澤田伊四郎。この本は、編者より版画家の恩地孝四郎に捧げられています。
恩地孝四郎は、版画家であると同時に詩人でもあり、数多くの本の装丁も手がけています。
彼の装丁の中でも、竹友藻風の『ルバイヤット』のデザインは秀逸だと思います。ウマルに対するオマージュからか、全体が唐草や更紗模様をモチーフにして彩られています。美しいです。

閑話休題。夢二の『春の夜の夢』は表紙が新年らしいなあと思い選んだのですが、もう松は明けたのでしたね・・。見ようによっては雛祭りのシーズンにも使えそうです。使う、とは言っても引っぱり出してきて眺めて満足するだけなのですが。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

つるりんこ

マノン・レスコーといえばアベ・プレヴォー、
椿姫といえばデュマ・フィスでしょうか。
2月には、宮本亜門演出の椿姫が上演されますね。
オペラの演出家としては???ですが、
行ってみる予定です。
by つるりんこ (2009-01-08 22:43) 

ジョウビタキ

>つるりんこ さん
宮本亜門氏の『椿姫』、どんな演出になるんでしょうね。でも、素材(原作)が素晴らしいので、どういじっても良いものになるでしょう!
nice! ありがとうございます!
by ジョウビタキ (2009-01-09 09:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。