So-net無料ブログ作成
検索選択

島崎藤村 『若菜集』 [古書籍]

2008-04-16-1.jpg
島崎藤村の詩集『若菜集』、明治30年に春陽堂から刊行されました。藤村にとって初めての刊行物です。
『若菜集』というタイトルがみずみずしくて好きです。装画も良いです。中村不折かな?たぶん。

島崎藤村というと「呪われた血」とか「近親愛」なんかがクローズアップされがちですが、詩人としてのことばのフレッシュさは素晴らしいなあと思います。きっと純粋なひとだったのでしょう。
個人的には、小説作品よりも詩のほうが好きです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。